May 24, 2018

選択肢が多いもの。

ケトルはまさにそういったアイテムではないでしょうか。

デザイン性の高いものや、

機能が抜群にすぐれているもの。

ずっと使えそうな頑強さをもっているものもあれば、

ディスカウントショップで買えるものもある。

そんな様々な選択肢の中でIn fact builders.が選んだのは、

野田琺瑯のドリップケトル2。

THE定番とも言えるこの商品ですが、

全ての基準で高評価できるスグレモノです。

ぽってとした、どこか懐かしいフォルム。

ほどよい細さの注ぎ口。

IH対応で、容量も2lと比較的大きめ。

そして何より大切なのは、

長く使い続けられること。

頑...

April 30, 2018

デスクライトって、チョイスが難しいと思うんです。

最低限、明るさを確保できないとまず無意味。

その上で、大きすぎると邪魔になる。

しかも、存在感も大きいので、デザイン性と質感も大事。

そんなわけで、

なかなかいいアイテムを見つけられていませんでした。

が!

やっと見つけました。

佇まいが美しいデスクライト。

しかもLEDなので耐久性と明るさも問題なし。

そして素材感がたまらない。

アルミ無垢材&真鍮の削り出しパーツ。

更に使い心地のいいトグルスイッチ。

ぜひ、あなたのデスクに連れて帰ってあげてください。

Gossip-LED desk light | 17,0...

April 10, 2018

KOBO | NYC 

アメリカ/シカゴの最高級ブティックART EFFECTでも使用されるほど、

世界中で評価されているフレグランスブランドKOBO。

実は、このメーカーを2006年に立ち上げたのは小堀純子という熊本生まれの日本人です。

彼女は現在の拠点であるNYCに落ち着く前、何年も世界を旅していたそうです。

旅先で出会った沢山の香りが情景を思い返す度に彼女の脳裏に蘇り、

そして彼女は気づきました。

香りがあらゆるものに息吹をもたらす大切なエレメントにも関わらず、

沢山の人がそのことに気づいていないこと。

だからこそ、周りの人たちには視覚・味覚な...

March 27, 2018

淡海陶芸研究所が有る滋賀県草津市には、里山の自然が今でも沢山残っています。

そんな草津の地で七世紀後半から八世紀前半まで焼かれていた「須恵焼」の伝統を引き継ぐのが草津焼。

信楽焼同様鉄分を多く含む土が使われており、少し黒ずんだ色味や軽めの質感が特徴で独自の存在感を醸し出しています。

中でも淡海陶芸研究所の「花珠(はなたま)」は特許庁意匠登録された独特の商品で、美しく花を生けられるように数学的に計算され尽くしたディティールを持っています。

素朴なのに、ただただ美しい。そんな花器を飾ってみませんか?

Please reload

EVENT INFORMATION

GW中の営業について

April 27, 2019

1/2
Please reload

NEW ARRIVAL

April 27, 2019

January 5, 2019

August 1, 2018

July 22, 2018

Please reload

ARCHIVES
Please reload

​〒640-8158 和歌山県和歌山市十二番丁7 / tel.073-435-0003

​© 2018 In fact builders.project